労働災害防止システムのご紹介

システムの発報をメールで自動通報できませんか?

別商品の接点信号監視用ショートメール通報装置を警報表示盤につなぐと可能です。

 

携帯発信器が以下のような設定がされている場合。
予告音ディレータイム30秒間
電波発信ディレータイム30秒間

 

ジャイロセンサー携帯発信器を腰につけた業員の方が、1分間以上、倒れて動かない場合にシステムの警報が作動します。

 

 

以下動作

 

1.ジャイロセンサー携帯発信器を携帯した作業員が倒れます。

 

 

2.倒れて動かない状態が30秒間継続すると、
ジャイロセンサー携帯発信器からピーッピーッ音が鳴り始めます。
※予告音

 

 

3.さらに30秒間、動かない状態が継続すると
ピーッピーッ音の間隔が早くなります。
作業員のジャイロセンサー携帯発信器から警報表示盤に向けて緊急電波が発信されます。

 

 

4.携帯発信器の電波を受けた警報表示盤のアラーム音とランプの点滅が作動します。

 

 

5.警報表示盤のアラーム音の鳴動と同時に、
接続されたショートメール自動通報機が作動します。
緊急通報動作がスタートします。

page top